アイクリームで目元を美しくする|美肌を叶える化粧水

女の人

赤みのあるニキビ跡

鏡を見る女性

ニキビやニキビ跡に悩んでいる人は少なくありません。特に、ニキビ跡は完治が難しく目立ってしまうため、多くの人が肌の悩みとして抱えています。ニキビ跡にはさまざまなタイプがあります。「赤くなるタイプ」「シミタイプ」「クレータータイプ」「しこりタイプ」「ミミズ腫れタイプ」です。最も一般的なのが赤くなるタイプのニキビ跡です。赤みが残ってしまうニキビ跡は、毛細血管に流れる血が原因です。ニキビは、炎症を起こしている状態なので、肌内部は損傷しています。その損傷を少しでもはやく治すために、肌の中では毛細血管を多く形成しています。その毛細血管に流れる血が、肌表面に現れ赤みのあるニキビ跡として目立ってしまうのです。とはいえ、赤みのあるニキビ跡は1週間から1ヶ月で自然と治るケースがほとんどです。

赤みのあるニキビ跡が改善されない場合や、はやく治したいと考えている場合は日常生活に注意することが大切です。赤みのあるニキビ跡は肌のターンオーバーを正常にすることではやく治すことができます。そのためにも、保湿をこまめに心掛けることが大切です。肌は、古い角質を取り除き新しい肌細胞を生み出すために新陳代謝が活発になります。この新陳代謝のことを肌のターンオーバーといい、正常に働くためにも生活習慣やスキンケアを心掛けることが大切なのです。大人になると肌のターンオーバーは乱れてしまいます。そのため、ニキビやニキビ跡が治りづらくなるのです。このターンオーバーを整えるためにも、保湿化粧水で肌の潤いを守る必要があります。また、クレンジング剤や洗顔料で肌がヒリヒリする、極度に乾燥するという場合は肌に適していないといえます。肌に適したスキンケア用品を使うことも大切です。ビタミンC誘導体化粧水なども肌内部の損傷を和らげる効果があるため最適です。